香典の書き方

香典袋は、無くなった方の宗教に合わせて書きます。
そのため亡くなったという連絡が入ったときに、宗教を確認しておくといいでしょう。
その宗教にふさわしい表書きをすることができます。

ただ、宗教がわからない場合であれば、
「御霊前」の表書きを使用するといいでしょう。
この表書きであれば、どんな宗教にでも使うことができます。

仏教や仏式の場合は、御霊前・御香典・御香料といった表書きを使います。
蓮の花の絵がついている香典袋は、仏式用です。
気をつけましょう。

御仏前・御佛前の表書きは、一般的には四十九日の法要以降に使う物です。
そのためお通夜やお葬式の御香典にはふさわしくありません。
気をつけましょう。

キリスト教式の香典の表書きは、御霊前・御花料です。

さらに神式があります。
神式の場合に使う香典の表書きは、御霊前・御玉串料・御神料です。

御霊前の表書きの香典袋は、どんな宗教でも使えます。
またお通夜でも葬式のどちらでも使えます。

葬儀は家族葬が注目されています

無宗教葬儀というのは、特に宗教にこだわったお葬式にしない…ということになりますから、

お葬式の進行について何らとらわれることはありません。
遺族や親族のしたいようなお葬式に、することができます。

ただお葬式というのは、亡くなられてすぐに行われるものです。
そのためゆっくりお葬式について、決めている時間はありません。
そこで、一般的には、無宗教葬儀とはいえ、流れがそれなりには決まっています。

だいたい以下のようになっています。

遺族や親族、それから参列者が入場し着席すると、お葬式の開式です。
まずここでみなで黙祷をします。

それから弔辞や弔電を読み上げます。
そして亡くなられた方が、生前好きだった音楽を流したり、生演奏をしてもらったりします。
あるいは、亡くなられた方のビデオ上映などが行われることもあります。

ここで、遺族や親族、参列者の献花あるいは焼香が行われます。

最後に喪主が、参列していただいた方に挨拶をし、お葬式は閉会となります。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら

お通夜やお葬式が浴びる時間、遺族や親類からサービスを頼まれることがあります。

最近は葬儀フィールドでお通夜やお葬式を執り執り行うヒトが増えてきました。
そのためおよそのことは、葬儀ディーラーのクライアントでして貰える。
とは言っても、時としてヘルプを頼まれることがあります。

お手伝いをする…は、遺族傍の位置付けの者って見なされます。
お通夜やお葬式に参入やるヒトには、
ただお手伝いをしているヒト…というのは、わかりません。
そのため位置付けをわきまえた、素行をください。

救助をする時は、喪服を着てのヘルプになります。
エプロンが必要となることもあるでしょう。
そのとき、エプロンの色合いは、黒か白となります。

分野によっては、エプロンの色合いが決まっていることもあります。
予め周りの人に確認をして置き、用意しておきましょう。

またエプロンの色合いだけではなく、
模様にたいしても何より決まりはありませんが、ケバイものは避けなければいけません。家族だけの小さなお葬式の情報はこちら

お通夜やお葬式に参列するって、焼香をすることがあります。

お焼香というのは、仏式のお通夜、お葬式ひいては法事での礼典になります。

お焼香は、お香というものをたく礼典だ。
「座会釈焼香」、「立礼焼香」、「回し焼香」など、いくつかの図式があります。
焼香の図式は、宗派を通じて違うし、
ひいては理論によっても違ってきます。

焼香で使われるお香には、いくつかの関連があります。
一般的には、お通夜やお葬式で使われている「抹香」だ。
これは粉香とも呼ばれている。

そうして法事で一心に使われている「線香」だ。

焼香は、銘銘は決してタイミングの陥ることではありません。
但しみんなが参列するお葬式では、参列した人物全員と考えるといった、思い切り時。

そのため本来であれば、遺族や親せきの焼香が終わってから、出席人の焼香が始めるものですが、
最近のお葬式では、出席人はお葬式が始まると共にお焼香を始めることが増えてきてます。家族葬の費用