香典の書き方

香典袋は、無くなった方の宗教に合わせて書きます。
そのため亡くなったという連絡が入ったときに、宗教を確認しておくといいでしょう。
その宗教にふさわしい表書きをすることができます。

ただ、宗教がわからない場合であれば、
「御霊前」の表書きを使用するといいでしょう。
この表書きであれば、どんな宗教にでも使うことができます。

仏教や仏式の場合は、御霊前・御香典・御香料といった表書きを使います。
蓮の花の絵がついている香典袋は、仏式用です。
気をつけましょう。

御仏前・御佛前の表書きは、一般的には四十九日の法要以降に使う物です。
そのためお通夜やお葬式の御香典にはふさわしくありません。
気をつけましょう。

キリスト教式の香典の表書きは、御霊前・御花料です。

さらに神式があります。
神式の場合に使う香典の表書きは、御霊前・御玉串料・御神料です。

御霊前の表書きの香典袋は、どんな宗教でも使えます。
またお通夜でも葬式のどちらでも使えます。

葬儀は家族葬が注目されています