お通夜やお葬式が浴びる時間、遺族や親類からサービスを頼まれることがあります。

最近は葬儀フィールドでお通夜やお葬式を執り執り行うヒトが増えてきました。
そのためおよそのことは、葬儀ディーラーのクライアントでして貰える。
とは言っても、時としてヘルプを頼まれることがあります。

お手伝いをする…は、遺族傍の位置付けの者って見なされます。
お通夜やお葬式に参入やるヒトには、
ただお手伝いをしているヒト…というのは、わかりません。
そのため位置付けをわきまえた、素行をください。

救助をする時は、喪服を着てのヘルプになります。
エプロンが必要となることもあるでしょう。
そのとき、エプロンの色合いは、黒か白となります。

分野によっては、エプロンの色合いが決まっていることもあります。
予め周りの人に確認をして置き、用意しておきましょう。

またエプロンの色合いだけではなく、
模様にたいしても何より決まりはありませんが、ケバイものは避けなければいけません。家族だけの小さなお葬式の情報はこちら